●お支払い方法 ●送料に関して ●納品・返品 ●お問合せ ●特定商取引に関する表記
スノーボード|ウェア|グローブ | ゴーグル|DVD|ステッカー・アクセサリー
アパレル|サーフボード|スケートボード 
フレックス スノーボード 測定値の詳細
フレックス測定値 購入ページへ
実写

こんにちは、ボード専門店シーズ スノーボード研究員141です。
長年温めてきたアイディアが形になったので、お披露目です。
賛否両論あるでしょう、ボードオタクの変態的な趣味だと思ってお楽しみください。
これは、あくまでも、当店のお客様へのサービスの一環です。何卒ご理解ください。

はじまり、はじまり

10数年も前から取り扱いのボード全て、フレックスを押しまくって確かめていました。
これは固い、あれは柔らかい、あれは?これは?

各メーカー表示するフレックスは独自のもので、標準化された数字ではありません。

何か分かりやすい基準があればなぁ〜!?

ネットでご購入されるお客様も多くなっています。
そういった方々にもより多くの情報を伝えたい。ずっと、考えていたわけです。

ついに見つけた!

探し出してから5年!ついにフレックスを数値化できるものに出会いました!
フォースゲージというトルク測定器です。これだー!!


実写

測定方法は、こんな感じ!


実写
ボードをセットして、緩衝材をはさみます。


実写
レバーをいっぱいに引くとボードが6pしなります。


実写

ボードを6pしならせた状態をキープすると、数値は340Nを記録。
単位は”ニュートン” 1n=約0.1kg加重となるので、
34キロの加重を掛けていることになります。すごいですね!!

フレックスの数値化に成功!

やった!できました!!!
この数値が大きいのか?正しいのか?
何十本も計測して、比較、検証が必要になりますが、
とりあえず、今まであいまいだったフレックスが数値になったのです!
感動しかありません!!!!!!

実写

図1をご覧ください

E1からE2の長さを有効エッジ長に合わせます。
E点をつなげた水平レベルX点から6p下げて測定します。
この6pというのは、この測定台の限界の測定幅です。
キャンバー、ロッカー問わず、水平レベルX点から6pで測定しました。

キャンバーであれ、ロッカーであれ、
ボードの中央を6pしならせた状態は
ノーズ6pテール6pしなっているとすれば、

プレス姿勢で合計12センチ引き上げた状態と考えます。

次々と測定していきました。

メンズのキャンバーのボードで柔らかめだと300N前半くらい。
硬めのメンズのキャンバーのボード300N後半くらい。
カービング系のボードは400N前後。
ダブルキャンバーのロッカー系はブランドにより変化しています。

サイズアップにつれ、きれいにグラデーションしながら数値が変化していくモデルもあれば、
サイズが変わっていくのに、数値が横ばいのモデルもあったり、
上下変化したり、ドラマがあります!

何本かテストして、感心したのは、
改めて、数日前の測定済みボードを測っても 同じ数字が出たということです。
再現性があるということは、測定値の信頼度が増します。

楽しくてしょうがありません!

実写

図2をご覧ください

ある問題が発生です。

短いボードが固くなる説!?

140センチ前後の短いボードにメンズボードよりも高い数字が出ることがありました。
考えてみれば、あり得るはなしです。短ければ短いほど、有効エッジも短くなります。
ですが、共通して下げ幅6p下げると、短いボードは、ボードのしなりが、
より大きくなってしまうのです。不覚でした。

有効エッジの長いボードと短いボード、
“しなり”を同じにできるのだろうか?

実写

図3をご覧ください

有効エッジに合わせて、下げ幅を調節すれば、
ボードの“しなり”を同じにすることができると考えました。
この問題解決には計算式が必要でした。
そこからは数字との戦いです。サインコサインタンジェント!?!?
思いついたのが、休日のソファーの上。でもここからは止まれません。
休日の家族をほったらかしで(笑) 1日かかりました!
計算式を見つけて、有効エッジに合わせて、下げ幅hを見つけることができました!
問題解決です

実写

1本のボードに付き、
3つの数字を用意しました

”純フレックス”
有効エッジを支点にボードのセンターを6pしならせた、単純な計測値です。

そのまま比べるには不完全な上記の数値を、統一基準で修正した数値を
”フレックス修正値”とします。

そして、上記のフレックス修正値を10段階にあてはめて導き出した数値を
”シーズフレックス”とします。
実際に滑走しているときのフレックスを想定しています。
この数字が一番分かりやすいのですね。




測定例:
@150p×有効エッジ118p、純フレックス”300n”フレックス修正値”300n”
シーズフレックス”4.5”

【有効エッジが基準118pのため、シーズ修正値は変化なし】

A150p×有効エッジ116p、純フレックス”300n”フレックス修正値”290n”
シーズフレックス”4.4”

【有効エッジが基準より2p短いため、下げ幅が5.8p、測定値300nを下げ幅割合96.7%に修正すると290nになる】

B150p×有効エッジ121p、純フレックス”300n”フレックス修正値”316n”
シーズフレックス”4.7”
【有効エッジが基準より3p長いため、下げ幅が6.32p、測定値300nを下げ幅割合105.3%に修正すると316nになる】

C140p×有効エッジ108p、純フレックス”300n”フレックス修正値”226n”
シーズフレックス”3.6”
【有効エッジが基準より10p短いため、下げ幅が5.0p、測定値280nを下げ幅割合83.3%に修正、さらに微調整すると226nになる】




この測定を、すでに300本以上、計測し、データは収集済みです!
さらに、これからも、ボードが入荷するたびに、データはアップデートされていきます。


このデータを1本につき、
300円(税別)で、買ってください!

1件の注文で、下記の3つの情報 を知ることができます。

”純フレックス”
有効エッジを支点にボードのセンターを6pしならせた、単純な計測値です。

そのまま比べるには不完全な上記の数値を、統一基準で修正した数値を
”フレックス修正値”とします。

そして、上記のフレックス修正値を10段階にあてはめて導き出した数値を
”シーズフレックス”とします。
実際に滑走しているときのフレックスを想定しています。
この数字が一番分かりやすいのですね。

)にて ご提供させてください。

フレックス測定値 購入ページへ

 



また、このデータを購入のちに、
当店にて、2020-21モデルスノーボードを
ご予約、ご購入された方には、
300円全額
返金させていただきます。
おひとり様、最大5本分まで返金致します。

店頭も、ネット販売も、楽天ページからでも対応できます。


また、ご自分で所有されているボードを測定してほしい方にも対応させていただきます。
1本に付き1000円(税別)で。持ち込みも、送っていただいても構いません。
遠方の方は、往復送料は、お客様負担。元払いで送っていただき、返送は着払いです。

いかがでしたでしょうか?
長々と説明しましたが、この数値はあくまでも、垂直方向に6pしならせたときの加重の数値です。この数字を基に、カーボンやグラスファイバー、芯材やアウトラインで、滑走時のボード硬さや反応は変わってきます。同じ数字が出ていても、試乗してみると、こっちのほうが硬いなんてこともザラでした。なので、有効エッジやサイドカーブといったボードを選ぶ時の判断材料が一つ増えたぐらいで考えていただきたいです。

まだ、全国でも、僕が1番初めだと思い込んでるのですが、
どこかのメーカーさんやショップさんに真似されちゃうかな〜〜(笑) 
それはそれでうれしいな〜〜 。

あとは、実際に、この数値が見たいですよね!?!?!?
ぼくは300件以上、データを持っているので、ウハウハです。
ご購入お待ちしておりま〜〜〜〜す!
これを見たメ−カーさん、怒らないでくださいね〜〜〜〜。



※注意
スノーボードは個体差がございます。同サイズの同じモデルのボードでも、測定値が
違うことがあります。正直、国産メーカーは個体差かなり少なく、海外ブランドは、まちまちです。

 




 

フレックス測定値 購入ページへ








お問合せはフォームメール、又はお電話(011-721-8887)スタッフまで
ご予約いただいた商品が売切れの場合がございます、売切れの際はご了承ください。
  
((See's sapporo))スノーボード|サーフィン|スケボー|通信販売|

Copyright (C) 2006 スノーボードの通信販売「シーズSAPPORO」. All Rights Reserved.